FC2ブログ

  • 温かい昼行灯(後編)


  • 中村主水という複雑な内面を持つ架空の人物を、活きた人物として強い存在感を押し出せたのは、藤田まことさんだから成功したのでしょう。

    藤田さんは、仕事の面でも私生活の面でも、浮沈の大きい人生を送ってきました。

    必殺仕事人の役に就いた時は、不惑の40歳だったそうです。



    自分が信じるものと自分が愛する者を守るために価値をおき、「昼行灯」とけなされてもしたたかに生きていく。

    そんな強さと自分の幸せを見失わない姿勢を見習い受け継いでいきたいと思います。

    私にとっては、ただの「昼行灯」ではなく、自分と誰かとを愛する気持ちに支えられた「温かい昼行灯」なのです。

    光はぼんやりとして目立たないかもしれない、しかしその奥底には、人間としての温かさを感じます。

    藤田まことさんの人柄もあってこそ、みなが親しむような「温かい昼行灯」をつくりあげることができたのだと思います。

    今は、静かに御冥福をお祈りします……





























    白神こだま酵母ドライ 200g【快適生活】白神こだま酵母ドライ 200g
    2,625円

    ブナの原生林から生まれた神秘の酵母
    Ads by 電脳卸
    スポンサーサイト